11/28 性犯罪の罰則に関する検討会第3回会議開催


法務省で、11/28に「性犯罪の罰則に関する検討会第3回会議」が開催された。

2回目、3回目については有識者からのヒアリングが中心となっている。

性犯罪の罰則に関する検討会 ヒアリング出席者

第2回(11月21日)

福井裕輝 特定非営利活動法人性犯罪加害者の処遇制度を考える会代表理事,性障害専門医療センターセンター長
藤岡淳子 大阪大学大学院教授
亀岡智美 兵庫県こころのケアセンター副センター長兼研究部長
小林美佳 「性犯罪被害にあうということ」ほか著者
周藤由美子 性暴力禁止法をつくろうネットワーク共同代表
望月晶子 NPO法人レイプクライシスセンターTSUBOMI代表,弁護士

第3回(11月28日)
後藤弘子 千葉大学大学院専門法務研究科教授
島岡まな 大阪大学大学院高等司法研究科教授
岡田実穂 レイプクライシス・ネットワーク代表
松浦薫  特定非営利活動法人しあわせなみだ所属,公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会矯風会ステップハウス所長
平川和子 特定非営利活動法人性暴力救援センター・東京理事長
上 谷 さくら 全国犯罪被害者の会(あすの会)推薦,弁護士,第一東京弁護士会犯罪被害者に関する委員会委員

法務省URL ; http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji12_00095.html

About the author /